プロフィール

REOパパ

Author:REOパパ
【年齢】中年のオッちゃんです
【趣味】REOへの意地悪^^
【好き】料理・焼酎
【嫌い】レバー

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうゆう男に私はなりたい。

JFA大会時の暗黙のルールの一つ。
それは、各カテゴリー直前の投げ練のとき、自分の順番が若ければ~

前列近くの人に・・・・
【すいません。1番なんで(まぁ1~5番位としてください 笑)】と言うと
前列の人は、まるでだちょうクラブのように【どうぞ!どうぞ!】と
いって優先的に投げ練の番手を譲ってくれる。

福井六呂師の2日目
何とか2Rとも30UPで行きたかったが1Rの5投目。。
Rパの突き刺しで26Pで終了。

その不甲斐なさに気合が入ってた2R前の投げ練のとき
当日、3番手だったRパは最前列で投げ練スタンバイのH中氏に
【Hさん、今日3番手なんで~~ 先に良いですか?】と聞いた。
するとH氏笑顔で【どうぞ!どうぞ!】といってくれた。

んで投げ練を始めるとH氏後ろからポツリ・・・
【俺、2番手なんだけど~】 と笑みを浮かべてる。
ヒョエ~~~~~~~~~ッ(爆)
でも、H氏【いいさ!いいさ!】と余裕でおました。

何時もは自分の順番・自分の前の選手の名前を覚えてるのに
この日は3番手のみがインプットされて~(この辺が余裕がない)
んで、始まった2R目。
5投目が間に合わず29P・合計55Pで終了~

この日の決勝ボーダーは57P。
その57Pのボーダーにいたのは・・・・ H氏(爆)
キッとあの余裕が勝敗を分けたのね(笑)

もし、今度、Rパがそうなったら・・・
余裕で譲れる・・・  そういう男に私はなりたい!




と書いてみましたが・・・・・
梵ちゃん父ちゃんには適用しません(笑)
寧ろ、羽交い締めしてでも投げ練を優先させて頂きます、悪しからず~(爆)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。