プロフィール

REOパパ

Author:REOパパ
【年齢】中年のオッちゃんです
【趣味】REOへの意地悪^^
【好き】料理・焼酎
【嫌い】レバー

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲導犬

先日のTVで、 【盲導犬】の特集をやっていた。
別の番組でもよく取り上げられる【盲導犬】
彼らの一生は、多くのボランティアの手で支えられいて。。
出会いと別れの繰り返しの一生と言っても過言ではない。

生後まもなく【パピーウォーカー】に預けられ、1年間はその家族の愛情を一心に浴びる。
  最初に出会った季節が来れば別れになる。そんな場面をブラウン管越しに見ているだけでも、我家夫婦は交互に【テッシュ】を引っ張りだし目頭を押さえる

我家のママさんに
【パピィーウォーカー出来る?】と尋ねると
【絶対に無理!】と言う。 勿論、俺も無理やな~~~

訓練所で盲導犬になるための訓練を受け、訓練者から視覚障害者に引き取られる時の別れ、その後 視覚障害者の手となり、足となり自分の体力の尽くす限り頑張る盲導犬。
そんな盲導犬にも引退の時があり、長年連添った視覚障害者から引き離される別れ。
そんな引退した盲導犬を預かり介護するボランティア施設もあり、そこで余生をのんびり暮らす犬もいるようだ。また、パピー時代に楽しい時間を過ごしたパピィーウォーカーに引取られる犬もいると言う。

彼らにとって、どの時期が有意義なものかは解らないが犬を飼ってるものとして色々教えられる瞬間でもある。




スポンサーサイト

COMMENT

[色:000033]おおおおREOパパのブログだぁ
パビーウォーカーは私も無理です
一瞬でも自分の家にいたら、『ここにおりやぁ』って思うのに・・・
しかも可愛い仔犬の頃に預かったら・・
離せないです。でも盲導犬を待ってる人たちや
盲導犬に出会って、たくさんの幸せを知る人達もいるから、パビーウォーカーは大切事だとは思うから貢献してると思うけど・・・でも一度家に来たワンコがどっか行くのはいやだ!!
っと思ってしまう私です

パピーウォーカーや引退犬ボランティア・・・
本当に大切な方々ですよね。大変だと思います。
私も始めは、きっし~と同じ意見だった。可愛い盛りにうちにいて、1年後さよならは出来ない。。。
でも、今は少し変わってきました。
自分が育てた子が盲導犬として活躍してくれることは
とっても素晴らしいことではないか?
自分の育てた子が一番の盲導犬になってくれたらいいな~なんて思えるようになりました。
実際、涙するとは思うんだけどね。
上手く言えないけど、気持ちが変わってきた私です。

なぜか訪問履歴からまいりました~(笑)
レオパパ???とおもいきや、新しいブログではないですか~☆☆

盲導犬のお話・・・私はクイールを見たとき密かに泣いてました。

一年の別れ・・・自分のわんこと置き換えるととても辛い気がして。。
でも、愛情一杯育てられたその一年がその後の訓練や盲導犬という仕事にとって、とても大切な時間なのだそうで・・・

どこかで人の為に貢献していると頭では理解してはいても、私にも無理かな~??。。

★きっし~ 
ようこそ!初心者ブログへ~~~(爆)

きっし~も、我家と同じで無理のようですね(笑)
盲導犬を巡っては、賛否もあるでしょうが。。
でも、考えれば考えるほど難しいと思う私です。
未だ、街中で出合ったことのない盲導犬。。。
実際に逢ったら、彼らを尊敬の眼差しと敬服の心で見守ると思います。。

PS.まっつんの独り言も楽しみにしてるぞ~(笑)


★あきさん 
あきさんの考えも納得出来ますよね~~
彼らは、自分の意思でその人生を歩んでいるのではないにしても、現実として誰かの手となり足となり、その主人に生涯の半分は費やしてる訳ですから、自分の育てた仔が立派に人様の役に・・・と思えることも素晴らしいことなんでしょうね。 解っていても、別れの時は 私 号泣するでしょうけど・・

★ranmama
そうですか!訪問履歴から・・・・
だって、毎日チエックしてますから。。(笑)

ranmamaが言う通り、盲導犬のパピィが可愛くなった1年後の別れは辛いですよね~~
パピィーウォーカーの方も、その時間が定められてるだけに人一倍の愛情を注ぐのでしょうね。

解っていても、自分に置き換えるとダメな私です
そんな番組を見た後は、我家のゴンタでも一瞬ですが愛おしく見えますね~~(笑) 



EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。