プロフィール

REOパパ

Author:REOパパ
【年齢】中年のオッちゃんです
【趣味】REOへの意地悪^^
【好き】料理・焼酎
【嫌い】レバー

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日の出来事。。。。

朝夕、めっきり冷え込むようになりました。
我家の朝の散歩は、近所の公園で少年野球が使用しているグランドを使って
D☆Rと2R程度の、ディスクをやることです。

その、グランドの外周は、ウォーキングコースにもなっていて、
朝から老若男女が、多数歩いてらっしゃいます。
思い起こせば、この公園で朝ディスクをするようになって沢山の顔見知りが出来ました。
会釈から始まり・・・・・  挨拶を交わし・・・・・ 会話が弾むようになれば・・・・・
D☆Rにも話かけて頭を撫でて下さる方や、犬友達も増えました。

そして、先日の話。。。。
いつものように、グランドでディスクを終え、D☆Rに水を飲ませようと、
外周のトイレ付近に係留した時のこと。

いつもウォーキングをし、会釈だけ交わしてたご婦人が、スッとD☆Rの傍に寄ってきて
『触っても良い?』 と尋ねられ、私とDマが 『どうぞ、どうぞ!』 と言うと、
そのご婦人は 『おいで!』 と両手を広げてD☆Rを抱いて下さいました。

喜ぶDionは、そのご婦人の顔を凄い勢いで舐めはじめ、
あまりの激しさに、 『すいませ~ん』 と言うと、
そのご婦人は 『良いのよ。良いのよ。』 と言いながら、大粒の涙を流しておられました。

話を聞くと、最近まで飼っておられた愛犬が亡くなったとのこと。
15歳だったとか。。。。。
『触るとね~思い出すからね~ 触らなかったけど・・・・・ また触らせてね』 と言い残し、
ウォーキングを続けられました。

私は、その光景からして、亡くなった犬は彼女に大事にされてたんだろうと想像出来ました。
どうぞ、こんなD☆Rで心の癒えになるのなら、何時でも触ってやって下さい。

REOは、口臭が魚臭いので(笑) 今度、歯磨きさせておきます(爆)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。